皮膚病から可愛いペットを守る方法|飼い主の義務

家族

皮膚炎の症状とその理由

犬と猫

犬は皮膚炎にかかりやすい

犬と猫が主流のペットですが、皮膚病を患いやすいのは犬の方です。皮膚病の種類はアトピー性皮膚炎やノミアレルギー皮膚炎、接触皮膚炎、食物アレルギー皮膚炎の4種類が代表的です。近年では人間同様ペットのアレルギー患者数が増えていますが、原因は未だに判明していません。そんな中でも衛生環境が非常に良いために菌などに対しての免疫力が弱くなったためという説や、汚染物質に晒された空気のせいという説、食品添加物が体内に蓄積したためという説が皮膚病の原因として有力です。アトピー性皮膚炎の症状は強い痒みを伴う赤い斑点が出て、慢性化すると色素沈着が起きたり脱毛したりします。また、ひどくなると皮膚が厚くなり皮脂でべたべたになることもあります。主な原因は花粉やハウスダスト、カビなどで、発症しやすいペットが柴犬やダルメシアン、シェットランド・シープドッグなどです。ノミアレルギー皮膚炎の症状は、腰や尻尾の付け根などに丘疹が出て、激しい痒みに襲われます。アレルギーを引き起こす原因は、ノミが血を吸うときに唾液が体内に入るからです。接触皮膚炎の症状は赤い斑点や脱毛で、全身左右対称に出ることもあります。アレルギー性接触皮膚炎ではプラスチックや薬品などが原因となり、刺激性接触皮膚炎では油や石鹸など毒性の強い物質が原因です。食物アレルギー皮膚炎の症状はアレルギー性接触皮膚炎と似ていますが、口や肛門周りの炎症や下痢などの症状を伴うことが多いため、そこで診断します。いずれの皮膚病も放っておいて良くなることは考えにくいので、早めにペットを獣医師に診せて判断を仰ぐことが大切です。